銀行カードローンとは

ゆとりと安心の銀行カードローン

銀行カードローンの特徴は、銀行ならではの信頼と安心、融資限度額の大きさ、低金利などが挙げられます。 銀行業を営むには国の免許が必要で、大きな資金力も求められるため、そう簡単に新規参入ができるものではありません。 これに対して貸金業は登録で済みますが、信頼のおける正当な業者がいる一方で、登録を受けないヤミキン業者などが紛れ込む危険性があります。 銀行においては預貯金の受け入れにより豊富な資金力があります。 そのため、貸金業だけに専業する貸金業者に比べると、資金調達コストが低くて済み、低金利の設定がなされることが多くなります。 豊富な資金力と調達コストの安さ、長い歴史で培った審査ノウハウにより、融資限度額も500万円から1000万円など大きくゆとりのある利用額を設定できるのも魅力かもしれません。 もっとも、銀行というと営業時間が平日の15時までなど不便と思われる方もいるかもしれません。 しかし、銀行カードローンに限っていえば、そうした不便は感じずに済むでしょう。 インターネットによる24時間365日申込受付けや、自動契約機により土日や祝日も最短30分の審査で、即日カード発行が受けられるなど、利便性は高まっています。 また、ローンカードは手続きをした銀行のみならず、提携のコンビニATMでも利用でき、借り入れ、返済ともにATM利用手数料が無料というサービスを行っているところも少なくありません。 銀行口座がなくても作成できるほか、口座があれば公共料金などの引き落とし時に残高不足でも自動的に立て替える機能なども付けられます。

関連ページ

スター銀行の歴史とは
スター銀行の歴史を知ってキャッシングの利用を判断しましょう!