自己破産とは

自己破産の内容、仕組みを正しく理解し、裁判所に申し立てするのかを判断しましょう

自己破産とは、債務整理方法の一つを指します。 その内容を簡潔に説明しますと、債務者が裁判所にこれを申し立て、担当する裁判官がその内容を確認し、許可すべきかどうかを判断、この申し立ての妥当性を認め免責を許可する事で、はじめて成立する形となります。 つまり裁判所で認められれば、現状苦しめられている借金のすべてに関して、その返済義務が無効となるのです。 ここでポイントとなるのは、裁判所が何を認め、何を認めないかという点でしょう。 認められるケースは、一般的に本人の返済意欲とは別に、それを不可能としてしまうケースが、それに該当するようです。 例えば、行っていた事業を立て直すためにお金を借りる、その借金によって立て直しが図れれば、返済可能になるという希望を持って借り入れを行っていると認められれば、許可が下りる可能性が高くなります。 一方、許可が下りないケースは、先のことを考えずに欲望のままに浪費してしまうケースであったり、ギャンブルという娯楽に費やす目的で借金してしまったケース等、自分本位の考え、無計画さといったケースが該当するようです。 ただし、これはあくまでも目安である事を知っておいてください。 その判断は、担当する裁判官の裁量一つで決まるため、たとえ無理であろうと思われる理由で借金を作ってしまった場合においても、どうしても自己破産を選びたいというのであれば、行動に移す価値は十分にあります。 このように自己破産は債務者の大きな拠り所、という捉え方が大きくなっているようですが、それでは債務者全てが、これを行使するはずです。 それなのに全ての債務者がそうしないのには、行使するデメリットがあるからという事を理解する必要があるでしょう。 その代表例は、資産の全てを手放すという事です。 不動産や車、一定額以上の現金、預貯金もこれに該当する為、デメリットも考慮に入れた上で、裁判所に申し立てるのかを判断しましょう。

関連ページ

金融庁の「相談窓口」とは
金融庁の「相談窓口」についての情報を公開しています!
みなし利息とは
みなし利息をしってキャッシングの利用を判断しましょう!
クレジットカードでお金を借りる
一般的なクレジットカードで100万円をキャッシングするときのために準備しておくことは!?