会社一覧

会社一覧

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

 

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム

 

東証一部上場のアイフル

 

イオン銀行

 

新生銀行カードローン レイク


100万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆


借りるQ&A

元利均等返済の長所について
キャッシングとは、要するにお金を借りるサービスのことで、今はいろんな業者がこのサービスを提供しています。 消費者金融専門業者も多いですが、最近の傾向としては大手都市銀行が出資または運営をする業者が主流となってきています。 最近は無人ATM機を活用した申請方式や、さらにインターネットを経由しての融資申請方式など、利便性が大変増してきていますが、お金を借りる事実に変わりはないので、返済までを十分に考慮して利用することが大切です。 借金をすることになりますので、返済をする義務と、加えて利息の支払いをする義務が生じます。 この利息の計算方式を理解しておくと、借り入れの際に安心です。 利息の計算方法および返済方式には、大きく分けて元利均等返済方式と元金均等返済方式の2通りがあります。 前者は、返済期間中、元本部分の支払いと金利部分の合計金額が変わらず、その割合のみが変動していく方式です。 返済期間中、支払金額が変動しないので、返済計画が立てやすい長所があります。 後者は、支払金額のうち、元本金額が一定で計算される方式です。 返済開始当初は支払金額は多いですが、徐々に金額が減少していきます。 支払総額は、元利均等返済方式よりも少なくなるという長所があります。 一見、後者を選択した方がお得だと感じる方が多いかもしれませんが、返済開始当初で資金繰りがうまくいかずに返済不能となってしまっては本も子もありませんので、家計を十分考え、選択することが肝要です。

会社一覧エントリー一覧