アコムから100万円借りる

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム




実質年率 3.0%〜18.0% 限度額 800
万円
保証人 不要 最短
即日融資

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による契約申込み ※2

自動契約機による契約申込み ※2

※2 今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申込みを行った上で窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。


郵送による契約申込み

100万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆


借りるQ&A

わかりにくい年末調整と確定申告の違い
日本では申告納税制度が採用されていて、納税をしなければならない人が自分で申告し、そしてその金額に応じて納税することが必要とされます。 税金は1年間の所得に対して計算されますから、1年が終わって年間の所得が確定すれば、それを申告することが必要となります。 これが確定申告と呼ばれていて、納税方法の基本となると言えるでしょう。 しかしながら、これだけではいくつかの不具合が生じます。 1年経ってからまとめて納税すると言うことになるわけですから、大きな費用がまとまって必要となります。 後から納税しろと言われても、ぎりぎりの生活をしていれば納税できないこともあるでしょう。 また、国としても後からまとめて納められると資金繰りに困ることもあります。 このようなことから、サラリーマンなどの給与所得者の場合には源泉徴収という制度が採用されています。 源泉徴収とは、給料をもらった時点で税金が先に差し引かれ、そして会社側が代わりに納税の手続きを行ってくれる制度を指します。 ですから、サラリーマンの場合には自分で申告したことのない人も多いでしょう。 先に会社が納税したとしても、最終的に納めなければならない税額は1年経たないと分かりません。 年末に最後の給与をもらった段階で税額額呈することになります。 先に納めた税金に過不足が発生する事がありますが、これを年末に調整することから年末調整と呼ばれているのです。 大まかに言えば、自営業者の場合には確定申告が必要で、サラリーマンの場合には源泉徴収と年末調整を会社が行ってくれることになります。