イオン銀行から100万円借りる

イオン銀行




実質年率 3.8%〜13.8% 限度額 10万円〜800万円
(10万円単位)
保証人 不要 口座開設 不要

インターネットによるイオン銀行お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンのインターネットによる契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちでない方


ネットバンクにログイン後、契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちの方




100万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆


借りるQ&A

必見、年金利回り法とは?
キャッシングをした場合、いくら借りて、そのうちどれだけが自由に使えるお金で、毎月総額いくら返せばいいのかがわかりにくくなっています。 色んな費用(支払利息、手数料、印紙代等)が発生してそれぞれ乗っかってきたりするからなんです。 年金利回り法は、借りる側の負担を正確に示すために計算する方法で、返済額のうちから、まず経過した期間において発生した利息を差し引いて、残った分を元金充当分とする計算方法のことを指します。 ですので年金利回り法で算出された金利を一般的に実質年率と呼んでいます。 実質年率の上限は29.20%と法律で定められており、これ以上の金利は法律違反になります。 (年率29.20%は、1日分に換算すると0.08%に相当します)。 たとえば年利15%とされる場合には、元金の15%の利息を一年間に支払うこととなります。 例えば20万円の借り入れをしていた場合、一年間では3万の利息を支払うことになります。 この場合1ヶ月間の利息は2466円になります。 年金利回り法では、返済金額からこの約2466円を差し引いて元金充当にするので、元金充当額は20万円-約2,466=197,534円となります。 このように日本の現在の法律では、消費者金融において「実質年率」を用いることが一般的に義務付けられています。 つまり実質年率は、支払利息や手数料、印紙代などといったもろもろの諸費用の合計した額を年率で換算したものとなります。