プロミスから100万円借りる

SMBCコンシューマーファイナンス鰍フプロミス



土日・祝日に、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機ですぐに借りられます。自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。



実質年率 4.5%〜17.8% 限度額 1〜500
万円
保証人 不要 最短即日融資
も可能

※最短1時間融資



※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


100万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆


借りるQ&A

不良債権とは何か
よく新聞や雑誌などで不良債権と言われることがあります。 これは一体何を示しているのでしょうか? この言葉が一般的になったのは日本ではご存知かもしれませんがバブル崩壊以降のことです。 一般的に不良債権と言うと金融機関による貸し倒れ案件のことを言います。 貸し倒れたという意味は、具体的に説明をすると、例えば銀行が融資をして融資をした相手からそのお金を回収できないという場合に貸し倒れたという形になります。 こういった融資の場合はほぼ担保という形で何らかの物件をお金の代わりに差し押さえるということがあります。 つまり返済できないので担保物件を代わりに金融機関が押さえてしまうということです。 それを金融機関が売却することで融資したお金の穴埋めをする場合があります。 ただ不良債権と呼ばれるものはそういったことにとどまらず、担保である物件を差し押さえても回収できない場合を主に指すと言えます。 例えば不動産事業をしている企業があったとして、その企業が不動産投資のために融資を受けたとします。 この時に不動産バブルが崩壊すると不動産企業の投資が失敗してしまうでしょう。 そして融資したお金が戻ってこなくなるということになります。 しかしこの場合は担保として押さえている不動産物件があったとしても不動産市場自体がバブル崩壊している訳で、担保物件を売却しようとしても資金を金融機関が回収することはできないのです。 簡単に説明をすると以上のようなことで債権が回収不可能になる場合もあるということです。